9.22(日)ミートアップ『公園空間がつくる新しい価値』開催

Description
一般社団法人渋谷未来デザイン(以下、渋谷未来デザイン)は、多様な未来を考える1 週間として、カンファレンスや体験プログラムを含め渋谷駅周辺〜原宿表参道エリアの商業施設やイベントスペース等を拠点とした都市回遊イベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2019」(以下、SIW)を9月11日(水)〜22日(日)に開催いたします。

―渋谷の真ん中、代々木公園エリアに 365日、感動をとどけるスポーツ・エンターテインメントの聖地として3万人収容規模のスタジアムパークをつくる。未来をになう子どもたちが集える場所であり、そして、災害時には、あらゆる人の安心安全を守る 防災拠点としても機能する。―

そんな夢”SCRAMBLE STADIUM SHIBUYA”構想を、昨年のSIWにて発表いたしました。

その後、スポーツ、エンターテインメント、シビックプライド、防災などのスペシャリストをお招きしたイベントを実施したり、周辺地域に住む子どもたちが夢見る公園像を描いてもらったり、周辺住民の皆さまから様々なご意見をいただきながら、構想を練り上げてきました。

渋谷の中心、代々木公園が描くことのできる、新しい価値観とはなにか。
構想発表から一年、今年のSIWでは、この問いに挑みます。


日時   :2019年9月22日(日) 16:00〜19:00(受付:15:45〜)

会場   :渋谷ヒカリエ 8/COURT
〒150-8510 東京都渋谷区渋谷2-21-1 8階

参加費  :無料
※SIWのDDSチケットをお持ちの方はお申し込みいただかなくて構いません。
※お席に限りがございますので、立ち見となる可能性がございます。
※メディアが入りますので、写真・動画に映り込む可能性がございますことをご了承ください。

構想HP :https://scramble-stadium.tokyo


プログラム:
・田根剛氏を含む多くの人々からの応援メッセージムービー:5分
・第1部トークセッション:50分
・フォトセッション:5分(17時に夏野氏ご退席)
・質疑応答:10分

―5分休憩(17時20分より第2部スタート)―

・第2部トークセッション:50分
・質疑応答:10分
・最新イメージムービー公開:5分
・渋谷未来デザインによる事業進捗報告プレゼンテーション:20分
・質疑応答:10分
・フォトセッション:5分

 登壇者には、今年の区長選にてスタジアム構想を公約に入れ2期目の当選をした、渋谷区長の長谷部氏、ドワンゴ代表取締役社長の夏野氏、NewsPicks取締役の佐々木氏、早稲田大学教授の間野氏による第1セッションに始まり、第2セッションには、サッカー好きで知られるタレントの小柳ルミ子氏、スタジアムなどの芝生維持管理のプロである池田氏、NTTドコモのスポーツ&ライブビジネス推進室長 馬場氏、DAZN経営のPerform Investment Japan(株)平田氏が登場します。


【登壇者プロフィール】(五十音順)
<第1セッション>
■佐々木 紀彦氏(株式会社ニューズピックス 取締役 新規事業担当)

1979年福岡県生まれ。慶應義塾大学総合政策学部卒業、スタンフォード大学大学院で修士号取得(国際政治経済専攻)。東洋経済新報社で自動車、IT業界などを担当。2012年11月、「東洋経済オンライン」編集長に就任。リニューアルから4カ月で5301万ページビューを記録し、同サイトをビジネス誌系サイトNo.1に導く。
著書に『米国製エリートは本当にすごいのか?』『5年後、メディアは稼げるか』『日本3.0 2020年の人生戦略』がある。

■夏野 剛氏(株式会社ドワンゴ 代表取締役社長、慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)

1999年NTTドコモより世界初の携帯電話を利用したインターネットビジネスモデル「iモード」サービスを立ち上げ、ビジネスウィーク誌にて世界のeビジネスリーダー25人の一人に選出される。現在は、慶應大学で教鞭をとる傍ら、上場企業の取締役を複数社兼任。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会参与(マスコット選考検討会議委員、チケッティングに関する有識者会議委員、入賞メダルデザインコンペティション審査会メンバーなど)、経産省や内閣府で各種委員も務める。
2019年2月株式会社ドワンゴ代表取締役社長に就任。

■長谷部 健氏(渋谷区長)

1972年渋谷区神宮前生まれ。
株式会社博報堂退社後、ゴミ問題に関するNPO法人green birdを設立。
原宿・表参道から始まり全国60ヶ所以上でゴミのポイ捨てに関するプロモーション活動を実施。
2003年に渋谷区議会議員に初当選、3期12年務める。
2015年渋谷区長選挙に無所属で立候補し、当選。現在2期目。

■間野 義之氏(早稲田大学スポーツ科学学術院教授、博士)

1963年横浜市生まれ。専門はスポーツ政策。博士(スポーツ科学)。早稲田大学スポーツビジネス研究所所⻑。
1986 年横浜国立大学教育学部卒業、1988 年同大学大学院教育学研究科修 士課程修了、1991 年東京大学大学院教育学研究科修士課程修了。
1991 年に三菱総合研究所に入社。中央省 庁・地方自治体のスポーツ・教育・健康政策の調査研究に従事。2002 年 退職し早稲田大学人間科学部助教授。学部の発展改組にともない現在に至る。著書に『スポーツビジネスイノベーション』日経BP社、『2019・2020・2021ゴールデンスポーツイヤーズが地方を変える』徳間書店など。


<第2セッション>
■池田 省治氏(株式会社オフィスショウ 代表取締役)

1975年、武蔵工業大学土木工学科を卒業、1984年に株式会社 オフィスショウを立ち上げる。
1989年 NFLグラウンドキーパー ジョージトーマ氏より技術取得。
日本サッカー協会グリーンプロジェクトメンバー、日本サッカー協会施設委員、NPO法人グリーンスポーツ鳥取技術顧問などにも従事。
日本にアメリカ同様のスポーツターフ専門グランドクルーを育てるべく現在に至る。
スタジアや陸上競技場、野球場、Jリーグチーム練習場など約31面、校庭・園庭など約13箇所の芝生維持管理を行なっている。
<海外の管理実績>
・アメリカNFLスーパーボウル23回
・アメリカNFLプロボウル15回、アメリカンボウル12回 ・イギリスNFL公式戦ウェンブリースタジアム10回

■小柳ルミ子氏(歌手、女優)

1970年宝塚音楽学校を首席で卒業しNHK連続テレビ小説「虹」で女優デビュー
翌年1971年「わたしの城下町」にて歌手デビューをし、同曲で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。
2018年には大河ドラマ「西郷どん」に由羅役で出演し注目を集める。
更に2018年FIFAワールドカップ ロシアではフジテレビのスペシャルサポーターに就任しワールドカップを盛り上げる。年間2000試合を鑑賞するほどの無類のサッカー好き。その知識の豊富さに関しては関係者も驚くほど!2020年には芸能生活50周年を迎える。


■馬場 浩史氏(株式会社NTTドコモ スポーツ&ライブビジネス推進室長)

1992年 NTT(持株会社)入社。
マルチメディア分野におけるマイクロソフト社との協業、
ISDNやフレッツ光の販売促進、コーポレートベンチャーキャピタル等の業務に携わる。
2015年 NTTドコモへ転籍し、インバウンド向けビジネス企画等の新規事業開発を担当。
並行して、同社 スポーツ&ライブビジネス推進室の新設準備に関わり、2017年7月 同室 ビジネス戦略担当部長に就任。
2018年7月より現職。


■平田 正俊氏(Perform Investment Japan株式会社 ヴァイスプレジデントアクティベーション)

広告代理店や外資系テレビメディアを経験し、2017年にPerform Investment Japan 株式会社に入社。日本におけるDAZN(ダゾーン)の事業を担当し、主にJリーグとのパートナーシップを統括している。

【ファシリテーター】
金山 淳吾 (渋谷区観光協会 代表理事、渋谷未来デザイン プロジェクトデザイナー)

※ご取材をご希望の方は下記担当者までお問合せください。
PR事務局 株式会社フルハウス 担当:山本・徳田・三浦
TEL:03-5413-0295
Mail:chiaki.yamamoto@fds.or.jp
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#471406 2019-09-11 05:45:33
More updates
Sun Sep 22, 2019
4:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
渋谷ヒカリエ 8/COURT
Tickets
無料チケット(一般のお客様はこちら)
関係者チケット
Venue Address
渋谷区渋谷2丁目21 Japan
Organizer
SCRAMBLE STADIUM SHIBUYA
343 Followers